« 栄養豊富なごまを使って「ごま切り」 | トップページ | 地球は黄色い大地。 »

2008年5月17日 (土)

数少ない日本原産の野菜の一つ。

むかし、むかし、マルコポーロという名の大嘘つきが居たそうだ。

西洋のある国から、東洋に旅をした。
そして、その見聞録を書いて、
大いに有名になったのだ。

実は、そのマルコポーロは、
日本にもやって来た。

折りしも、春のうららかな季節。
そうして、人々の食べている野菜を見て、
ハッと思い立った。
そうだ、こういう形にすれば面白いかも知れない。

かくして、国に帰ったマルコポーロは、
マカロニというものを作って、その国に広めたのだ。
日本の野菜でヒントを得たことを隠してね。

マルコポーロは、ずいぶん嘘つきだと批判されたけれど、
このブログの書き手は、もっと嘘つきのようだ。

春から夏にかけて出回る、日本固有の野菜。
ふき。

この頃は、仕込みに手間がかかるので敬遠されているようだが、
それだけの手間をかけても余りある、
香りと食感を楽しめる。

Fuki そういえど、皮をむくのは大変なこと。

ふきに塩を振って板ずりし、さっとゆでて、水にさらして灰汁抜き。
そうして、このように皮をむく。

柔らかな、プチっとした肌から、硬い皮を、ススッと剥がしていく。
なにやら、なまめかしいような、、、。
何を想像しているんだろうねえ。

このふきは、たっぷりと出汁の香りを吸う。

Fuki2 今の季節に穫れる、鯛の腹の卵などと煮付けると、とてもおいしい。
でも、鯛を捕まえている時間がないので、今が旬の小振りのカツオを蒸して、なまりにして、煮つけてみたりする。

さくさくと、歯ごたえを残しながら、香りの高いふき。
私達の先祖は、こういう味を大切にして来たのだね。

日本が誇っていい野菜、食文化の一つ。
マルコポーロに形を真似されてしまったけれど、、(まだ言っている)。
えっ、そばでこの形を作ってみろって?
それは、、、、
ちょっと、、、

ははは、笑ってごまかそう。


→→→人気blogランキングへ

|

« 栄養豊富なごまを使って「ごま切り」 | トップページ | 地球は黄色い大地。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栄養豊富なごまを使って「ごま切り」 | トップページ | 地球は黄色い大地。 »