« どうしてそんなに「こねる」のか。 | トップページ | 数少ない日本原産の野菜の一つ。 »

2008年5月15日 (木)

栄養豊富なごまを使って「ごま切り」

この火曜日は、恒例の「十割そばの夕べ」。
皆さん御参加ありがとうございます。

Gomagiri 今回の変わりそばは「ごま切り」。

写真の手前が十割をそばで、むこうがごま切り。
ごまのほうは、ちょっと太めに打ったので、反動で十割が細くなってしまった。

このごま切りは、変わりそばの定番中の定番。
黒い色のそばだけれど、海苔切りとはまた違った色合いがある。

じつは、ものの本に、「ごま切りは難しい」と書いてあったので、今まで敬遠していたのだ。

でも、やはり難しいといわれる「桜えび切り」もなんとか作ったことだし、そろそろ、ごまにも挑戦してみようかと思ったのだ。

作ってみて、なるほど、その難しさが判った。
ごまは、油が出るのだ。
すり潰すにしてもべとべと。
裏ごしをしてもべとべと。
そばの玉にしても、、、、
さすがにべとべとにはならないが、
やはり油っぽい。

Gomadanngo おいしそうなごま団子ではあるけれど、大理石を延ばしているような錯覚にも陥る。

で、肝心の味の方は?

「あっ、ごまだね。」

それだけで終わり。

この変わりそば、色の面白さを楽しむだけで、あまり、そばの味とは、合っていないかも。
でも、栄養とカロリーは、しっかり高い気がする。

これに懲りず、まだまだ、いろいろな変わりそばをやってみよう。
皆さん実験台になって下さいね。


→→→人気blogランキングへ

|

« どうしてそんなに「こねる」のか。 | トップページ | 数少ない日本原産の野菜の一つ。 »

コメント

たいへんな苦労をして、その見返りが「あっ、ごまだね。」だけとは……。ちとつらいですね。
いえいえ、このブログにこの話を載せたので、笑いが取れていますよ。
私にはホントに、とってもおもしろい話でした。

投稿: 所沢太郎 | 2008年5月16日 (金) 01時35分

所沢太郎 さん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
みなさん、それだけしか言えなかったのでしょうねえ。
常連の皆様方の舌が肥えてきて、少しぐらいのことでは驚かなくなっておられるようです。
いろいろと工夫をしてみることにします。

投稿: かんだた | 2008年5月16日 (金) 07時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうしてそんなに「こねる」のか。 | トップページ | 数少ない日本原産の野菜の一つ。 »