« そば屋で「スーパーサイズ・ミー」 | トップページ | さわやかな香りの「肉桂切り」。 »

2008年5月31日 (土)

「成功はゴミ箱の中に」

1954年、4月、一人のミキサーのセールスマンが、
カリフォルニアの片田舎にある、
小さなハンバーガーショップの前に車を止めた。
そこで見たのは、
清潔な店内、テキパキと動くワイシャツ姿のスタッフ、
沢山の客を、待たせることなくさばいていくシステム、
押し寄せてくる常連客の多いこと。

そうして、確信する。
このハンバーガーショップは、絶対に流行るぞ。
そして、店をどんどん広げていくに違いない。
今から独占契約を結べば、
私のミキサーも売れるに違いない。

52才のセールスマン、レイ・クロックは、
すぐに店のオーナーであるマクドナルド兄弟と交渉を始める。
しかし、すでに、いくつかの店を持ち、
事業として成功していたマクドナルド兄弟は言う。
「全米に出店だって? 誰がそんな面倒臭いことをするんだい?」
消極的な兄弟に、レイ・クロックは言う。
「あなた達がやらないのなら、私がやりましょう。」

こうして、田舎町の繁盛店に過ぎなかったハンバーガーショップが、
全米に網を広げることになる。
もちろん、それは、並大抵のことではなかった。
当初は資金もなく、信用もなく、
出店のペースは鈍かった。

でも、レイ・クロックは、全米に広げるための、
システム作りに力を入れた。
どこでも、均一な、質の高い商品を提供するために、
どのようなことをすればいいのか、
それを考え続けたのだね。
マクドナルド兄弟のように、
自分の目の前の店だけ儲かればいいというのではなくて。

Raykroc 創業者、レイ・クロックの自伝は、
多くの経営者に賛同を与えているようだ。
目先の利益ではなく、
いかに将来を見据えて、
行動するかが、
企業として大切なことだって。
ほら、本の帯にも、
有名な社長さんの顔が載っているでしょう。

こういう本を読んでも、
ちっともピンとこない私は、
こつこつと、そばを打っているのが、
性に合っているのかもしれないなあ。

食べ物を、効率良く、
規格通りに作ることよりも、
季節折々の味を楽しんでいただきたい。
管理のために、さまざまな添加剤を使うのではなく、
多少ばらつきがあっても、
素材そのものの味を楽しんでいただきたい。
流通のために、沢山の黄色い煙、
炭酸ガスを出すのではなく、
身近な材料を使いたい。
何よりも、お客さまの健康を一番に考えたい。
(本当は自分の健康を一番に考えているのだけれどね。)

でも、世界中で通づる食べ物のシステムを作り出した、
レイ・クロックの力はすごく大きい。
その、彼が育てたマクドナルド。
さまざまな功罪があるのだろうけれど、
(私以外の、)
多くの人の支持を受けていることは確かなようだ。

その彼が残した言葉。
「未熟でいるうちは成長できる。
 成熟した途端、腐敗が始まる。」

成熟してはいけないのだ、、、、!


→→→人気blogランキングへ

|

« そば屋で「スーパーサイズ・ミー」 | トップページ | さわやかな香りの「肉桂切り」。 »

コメント

ご無沙汰しています。最近はブログも更新していないのですが
近況として三男が生まれまして…この先どうしたらよいのやら?
こういった成功本というのは大勢の皆さんが読んでおられるわけですが私自身は「未熟」のまま終わってしまいそうです。
将来的には日本ってもっと不景気になるようなきがします。
なにせ鉄屑売ってる国なんですから。これはやばいことなんです。

投稿: koba | 2008年6月 3日 (火) 13時14分

koba さん、こんにちは。
御三男誕生、おめでとうございます。
どうりで、アメリカはロケットを打ち上げ、権堂では消防車が走り回り、みんなkobaさんのお子様誕生を、お祝いしているのですね。今度は、どういうお名前になるのか、たのしみです。
世の中、なるようにしかならないので、気にしないことにしています。不景気だろうが、物価高だろうが、人間はしたたかに生きていくしかないのですから。

投稿: かんだた | 2008年6月 3日 (火) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そば屋で「スーパーサイズ・ミー」 | トップページ | さわやかな香りの「肉桂切り」。 »