« そばは二枚食べても700キロカロリー弱。 | トップページ | 「成功はゴミ箱の中に」 »

2008年5月29日 (木)

そば屋で「スーパーサイズ・ミー」

前回のブログの中で、
食品のカロリーを示す例として、
マクドナルドの商品を例に使わせていただいた。

マクドナルドのホームページには、
各商品の栄養成分表が載っており、
さらに、それらを組み合わせた時に、
どのくらいの栄養があるのか判るようになっている。

自由に、これとこれとと選んでみると、
意外に脂質が多く、カロリーが高かったりする。
サラダならいいだろうと思ったら、
ドレッシングの油が馬鹿にできないのだ。

私は見ていないが、
「スーパーサイズ・ミー」という映画が数年前に公開され、
世界中で話題になった。
この監督自身が、30日間、三食ともマクドナルドで食べ、
運動は一切せず、
スタッフから「スーパーサイズ」を勧められたら、
断らずに、全部食べるとどうなるかというもの。

おかげで、体重は10キロ以上増え、
医者から肝臓がおかしくなったと告げられたそうだ。
どうやら、勧められるままに、
一日5000キロカロリー以上を食べていたようだ。

これは食べ過ぎとも思うのだが、
先進国で問題になっている肥満の原因の一つが、
マクドナルドをはじめとする、ファストフードにあると、
身を持って証明したとか。

さて、その映画の影響を受けたのか、
マクドナルドでも、低カロリーの商品を扱うようになったそうだ。

なるほど、だから、ホームページにも、
一目でカロリーや脂質が判るようなページを作っているのだね。
これは、試してみると面白い。

でもね、実際にレジの前では、
そんなことなど、忘れて、つい、あれこれ頼んでしまう。
いっそのこと、注文する時に、
あの、マニュアル的笑顔で、
「お客さまの注文の品は、全部で1080キロカロリーになります。
 それでよろしいですか。」
と聞いてくれればいいのにねえ。

誰か、そば屋で、30日間そばを食べ続ける映画を作らないだろうか。
そうしたら、どうなるか。
太るかやせるか、
肝臓は?血圧は?

マクドナルドを舞台にした「スーパーサイズ・ミー」は
世界的な話題になったけれど、
そば屋でやる「スーパーサイズ・ミー」は
「あっ、そう。」のひと言で終わってしまいそうだ。

マクドナルドの栄養バランスチェックはこちらへ

こうして、健康に配慮しているふりをしながら、
欧米で話題になっているトランス脂肪酸については、
ひと言も触れていない。
やっぱり、ご都合主義の大企業。
皆さん、マクドナルドで、まあるい体型と
心臓病のもとを手に入れましょう。


→→→人気blogランキングへ

|

« そばは二枚食べても700キロカロリー弱。 | トップページ | 「成功はゴミ箱の中に」 »

コメント

happy01かんだた大兄、珍しく毒舌ですね!
なにかあったのでしょうか!?(笑
ファーストフード店には滅多に行きませんが、子どもを連れてたまに行っても、薄~いコーヒー風味のお湯をお金出していただくのみです。
トランス脂肪酸は日本は無関心に近いですねdown

投稿: たく | 2008年5月30日 (金) 07時26分

たく さん、こんにちは。
はははっ、毒舌ですか。
いつもと同じように、穏やかに書いているつもりなのですが。(汗;)
私も、もう長いことファーストフード店には入っていません。若い頃は、二日酔いの朝に、シェイクを飲んだりしましたが。
ここに限らず、多くの食品で使われているトランス脂肪酸。メタボと同じぐらい、話題になってもいいと思います。

投稿: かんだた | 2008年5月30日 (金) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そばは二枚食べても700キロカロリー弱。 | トップページ | 「成功はゴミ箱の中に」 »