« 手打ちそば屋にオシャレなジャケットは似合わない。 | トップページ | 「ふきのとう」と「ふき」の関係は? »

2008年3月30日 (日)

「骨を折る」努力はしても、本当に骨を折ったら大変だ。

Kyuugyou  あれあれ、どうしたのだろう。

 「手打ちそば屋 かんだた」の入り口にあるラーメン屋さん。昼もやって、夜も遅くまでがんばっている。
 シャッターが閉まっているので、どうしたのかと思ったら、この張り紙が。

 骨折とは、どういうことだろうか。
 まさか、交通事故ではあるまい。
 山登りの好きな方だから、スキーでもやってけがしたのかなあ。
 それにしても、五月中頃までというのは、ちょっと長いなあ。

 店の前の通りは、表権堂通りといって、昔はとても栄えたところ。
 江戸から、明治の初めにかけては、たくさんの水茶屋が並び、夜を徹して賑わっていたそうだ。いまでは、たいへん、静かな通りとなった。
 Omotegondou
 先月には、前の蔵造りの建物で営業していた豆腐料理屋さんが撤退した。これで、ラーメン屋さんが、しばらく電気を消すと、本当に寂しくなってしまう。
 こういう路地裏まで、脚を運んでいただくお客さまには、本当に感謝しなくては。

 御覧のように、蔵造りの建物が残っている通り。
 新しいビルに生まれ変わっているこの界隈。これらの建物を生かした町づくりが出来ないものかと、いつも考えているのだが、個人の力では、なんともしがたいところだ。

 それにしても、ラーメン屋さんの怪我。
 個人でやっている店は、店主が倒れれば、休業にせざるを得なくなる。
 私も気をつけよう。
 少なくとも、あくせくして「骨を折る」ようなことをせずに、のんびりしますか。
 えっ、そういう意味じゃないの?

→→→人気blogランキングへ

|

« 手打ちそば屋にオシャレなジャケットは似合わない。 | トップページ | 「ふきのとう」と「ふき」の関係は? »

コメント

 かんだたさん
 こんにちは!

 個人経営の店は、骨折だけでなく、病気になったりしたら
アウトですね。

 ラーメン屋さんは気の毒ですが、他山の石としたいものです。

 お互いに気をつけて過ごしましょう。

投稿: そばがき | 2008年4月 1日 (火) 09時04分

そばがき さん、こんにちは。

そうです、風邪ひとつひけないのです。
だから、体調には気をつけています。
今のような、季節の変わり目には、
特に注意しなくてはいけませんね。
なにしろ、元気を売る商売ですから。

投稿: かんだた | 2008年4月 2日 (水) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手打ちそば屋にオシャレなジャケットは似合わない。 | トップページ | 「ふきのとう」と「ふき」の関係は? »