« 初春や、、、、、? | トップページ | 腹八分目に医者要らず »

2008年1月 8日 (火)

いちおう縁起物を。

寒さも和らぎ、
いい天気になった様子。
路地の雪もほとんど溶けてしまった。

さて、今日は恒例の「十割そばの夕べ」。
皆さん、いつも御参加ありがとうございます。

暮れから正月のごたごたが、
まだ落ち着かず、
充分な準備が出来なくてすみませんでした。

さて、今回の変わりそばは、これ。

Ginnnangiri 見た目は、普通の更級とあまり変わらない。
でも、ちょっと、
ほんのちょっとだけ、黄緑色をしている。
特に、匂いも味もついているわけでなはいが、
どことなく違うのが今回のそば。

実は、暮れにお客様から、
銀杏をたくさんいただき、
今回はそれをそばに打ち込んでみたのだ。
つまり「銀杏切り」

食べたお客さまからは、
「う〜ん、わからないな。」
「言われてみればそんな気がするな。」
ぐらいの淡い反応。
ちょっと、量が少なかったかなあ。

でも、
「そばが甘く感じる。」との声も。
そう、そこなのだ。
普段から、私の更級を食べていないと気がつかないかもしれないが、
このそばは、更級の甘味が強く感じられる。
そして、後に、わずかながら苦みが残る。
やっぱり、違うんだね、

この銀杏を準備するのに、
ずいぶんと手間がかかってしまった。
殻をとってから茹で、
渋皮をむく。
そして、すり潰して、
みりんと水でのばし、
裏ごしにかけてペースト状にする。
それをそばに練り込むのだ。

でも、銀杏の味はしなくとも、
そばの甘味を引き立ててくれることが分かった。
他のものとの組み合わせが、
違う味を作ることもあるんだね。

ということで、
今回は「イチゴそば」はお預け。
また考えておくことにしよう。


→→→人気blogランキングへ

|

« 初春や、、、、、? | トップページ | 腹八分目に医者要らず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初春や、、、、、? | トップページ | 腹八分目に医者要らず »