« お風呂の匂いがするそば湯。 | トップページ | そばが洋食になった。 »

2007年12月 8日 (土)

そば寿司のコースが好評

いよいよ師走に入り、
世の中慌ただしいようだ。
まだ、年賀状も、年越しそばの準備も、
全くしていない呑気な私。

さて、このところ、
小人数ではあるけれど、
夜のコースのご予約を頂き、
それがちょっと続いて、
うれしい限り。

特に、東京からのお客さまが何組かあって、
とてもいい気分で仕事をさせて頂いた。
かんだたのコースは、
素朴な野菜料理と十割そば。
長野の人たちには、
野菜の料理なんぞ、見向きもされないが、
都会から来られた方々には、
珍しかったりするようだ。

そして、そういう方々は、
食べ方がきれい。
料理のこともよく知っていて、
いろいろと聞かれたりする。
やっぱり、都会の人って、
粋な感じがする。

、、、、って、私も東京育ちのなのだけれど。

コースの料理は、
あくまでも、そばが主役になるように、
そば屋ならではの、素朴な料理。

Sobazusi その中でも、ポイントとなるのが、
このそば寿司。

そば寿司というと、
海苔で巻いたり、
稲荷に詰めたりというのが多いけれど、
かんだたでは、酢締した更級を、生ハムと、サーモンで巻いている。
手前は、くず粉を入れて板にしたそば豆腐で、タラコを巻き込んだもの。

食べれば一口だけれど、
ものすごく手間がかかる。

Sobanomiannkake 寒い時期には、
こんなそばの実あんかけをお出しする。

落とし卵(抜きタマゴ)の形を整え、
茹でたエビを載せて、
あんをかける。
タマゴはもちろん、松代の農家で育てられた、
元気な鶏のもの。

これは、出汁を味わって頂く一品。
そば屋の出汁ではなく、
ちゃんと、かつお節を削って、
みりん、しょうゆで、汁を作っている。

そのほかに、
そば豆腐、
そば汁で煮込んだ鴨肉に、自家製の梅干しで作ったたれをそえたもの、
時間をかけて作った練り味噌の風味がきいた、
カキとキノコの陶板焼き。

かんだたでは、特別な場合を除いて、
揚げ物をお出ししていないので、
カロリーを気にせず、
たっぷりお楽しみあれ。

あれ、今回は、
宣伝臭く終わってしまった。


→→→人気blogランキングへ



|

« お風呂の匂いがするそば湯。 | トップページ | そばが洋食になった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お風呂の匂いがするそば湯。 | トップページ | そばが洋食になった。 »