« 注目の健康野菜。 | トップページ | そば寿司のコースが好評 »

2007年12月 5日 (水)

お風呂の匂いがするそば湯。

さて、昨日は恒例の「十割そばの夕べ」。
寒い中、大勢の方にきて頂き、
ありがとうございました。
今回は、定員をかなり超えてしまい、
お断りしたお客さま、
どうもすみません。
またの機会に、よろしくお願いいたします。

お楽しみの今回の変わりそば。

Mikanngiri 前回の、「うこん」に懲りず、
またもや、漢方薬系。
なんでも、胃を丈夫にするとか。

ということで「蜜柑(みかん)切り」

ほのかな甘い匂いと、ちょっと、苦みのあるそばになった。

蜜柑の皮を乾燥し、粉にしたもの。
そう、「陳皮(ちんぴ)」と呼ばれるもの。
細かな粉をふるい出して、そばに打ち込んだのだが、
そばの中でふやけたのか、
切れやすくなってしまった。
このそばは、やや太めにした方が良かったかもしれない。

それに、そば湯にも、
ほのかな蜜柑の香りが付いた。

「昔、蜜柑の皮を、風呂に浮かべて入ったなあ。
 その時の匂いと同じだね。」
と、お客さん。

「ヤーコンのきんぴら」は、
シャキシャキした、歯ごたえと、
独特の甘味が好評。
えっ、「ヤーサンのチンピラ」だって、、、。

自家製白菜は、すぐに柔らかくなるので、
肉味噌とあわせて蒸気鍋に。
バーボンで煮た豚肉も、ちょうど売り切れ。
皆さん、ありがとうございました。

ところで、女性のお客さまからリクエストが。
「蜜柑が出来るのなら、
 イチゴのそばができるといいな〜。」

はい、
では次回は「イチゴ切り」ということで決まり。

まさか、、、ねえ。


→→→人気blogランキングへ

|

« 注目の健康野菜。 | トップページ | そば寿司のコースが好評 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 注目の健康野菜。 | トップページ | そば寿司のコースが好評 »