« マガンは天然記念物。ガンは天然ではない。 | トップページ | 大きすぎるものは、目に見えない。 »

2007年11月26日 (月)

病気になって、苦労する人はだれ?

この連休は、花火大会もあり、
予想以上のお客さまに来て頂いて、
ありがとうございました。
私のような路地裏の分かりにくい店まで、
観光客の方々が来るということは、
きっと、表通りの店は、
行列でいっぱいだったのだろうなあ。

そのおかげで、あっという間にそばが終わってしまい、
多くの方にご迷惑をおかけしてしまった。

わざわざお越し頂いた常連の皆様、
申し訳ございませんでした。
Kさん、Wさん、おことわりしてすみません。
Tさん、Nさん、ご無理を言ってすみません。
わざわざ、次の日にまた来て頂いたYさん。
皆様に、この場を借りて、
お詫びいたします。

さて、
引き続き、ガンのお話し。

ガンにならないためには、
自分の生きる力を強くすることが、
大切だという話し。

ごく、身近な人にも、
抗ガン剤を使わずに、ガンを乗り越えた人がいる。

その人なんか、絶対に病気とは縁のない人だと思っていた。
だって、彫り物などをやりながら、
好きなように生きている人だもの。

って、周りからは見えるけれど、
本人は、それなりに苦労はしているのだろう。

でも、それなりに気丈な性格。
多少お腹の具合が悪いのを、
つい我慢してしまった。
だから、入院した時には、
かなりひどい状態で、ガンが進行していた。

何回かの手術を受けたが、
勉強家の彼は、医者を質問攻めにしたそうだ。
そうして、医者任せにするのではなく、
自らの意志で生きることにしたそうだ。

山の中にある工房に籠り、
ひたすらノミをふるって、
彫り物に集中した。
そうして、ガンが再発することなく、
目安といわれる五年間を乗り切ったのだ。

データーによると、
74才までに、
男性は4人に一人が、
女性は6人に一人が、
ガンにかかるそうだ。

ガンは、早い時期に発見されれば、
大きなダメージもなく過ごせる。
だから、そういう検査をすることが大切。

我が家の同居人だって、
今でこそ、ケロッとしているが、
放っておいたならば、どうなっていたか分からないのだ。

よく、
俺は元気だから、
私は異常ないから、と言って、
検査を受けない人もいるが、
そりゃあ、言っている本人はいい。
たとえ、ガンになったとしても、
自分だけ、う〜んと苦しんで死んでいけばいいだけのことだ。

でも、でも、
一番苦しむのは、
毎日辛い思いをしなければならないのは、
周りの人たちなのではないだろうか。
家族であり、
恋人であり、
その人に関わった人たちなのではないだろうか。


ガンに限らず、
病気になるには、
それなりの道筋があるようだ。

病気になったら、
医者に直してもらえばいい、
××を飲めばいい、
ということではなく、
病気にならない生き方を、
しなければならないのかもしれない。

う〜ん、こういう話をすると、
つい力がはいっていしまうなあ。

だから、そばを食べていれば、
病気にならないかって、
そんなことではない。
もっと、基本的なところで、
生き方の形を選ばないと。

私は、
私のそばを食べて、
みんな元気に、
生きてもらいたいなあ、
と思っているだけ。

そばを食べて長生きできるかって?

これだけは言えるねえ。
私のそばを食べていれば、
「死ぬまで長生きできる。」
ってね。


→→→人気blogランキングへ

|

« マガンは天然記念物。ガンは天然ではない。 | トップページ | 大きすぎるものは、目に見えない。 »

コメント

明るく病気と共存して生きていければイイけれど、
見た目でカバーできたとしても、
やっぱり心は落ち込んでしまいますよね。
そんな姿を見ている家族がどんなに辛いか。
健康が一番です!!!
毎日ちょっとの心がけで健康は維持できると思うから。

投稿: Jun | 2007年11月27日 (火) 09時00分

Jun さん、こんにちは。
そうです、毎日の心がけが大切です。
って、分かっていても、
これがなかなかできないのですよね。
歳とともに、周りに病気の人が増えてきて、
みんな、それなりに抱えて生きているようです。
今のところ、健康であることに感謝しなくてはいけませんね。

投稿: かんだた | 2007年11月27日 (火) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マガンは天然記念物。ガンは天然ではない。 | トップページ | 大きすぎるものは、目に見えない。 »