« 「所見なし」ってどういう意味なのだろう。 | トップページ | 山好きの先輩だった。 »

2007年11月17日 (土)

どうして、早くこないのかと怒られた。

国立がんセンターの統計によると、
ガンにかかった人を、
部位別に見ると、
男性は一番が胃ガン、ついで大腸ガン、肺ガンの順、
女性は一番が大腸ガンで、次に乳ガン、胃ガンとなっている。

へえ、女性の方が、ガンが出来るとすると、
大腸に出来やすいのだね。

大腸ガンの検査には、
簡単な方法があって、
便の中に血が混じっているかを調べると、
かなりの確率で、ガンが見つかるそうだ。

さて、我が家の同居人。
市民検診の時に、オプションになっている、
この大腸ガン検査を、
受けるようにいっても、
なかなかやらない。
あるとき、やっとその検査をしたら、
しばらくして通知がきた。

おめでとうございます、
見事に大当たり!
とは、書いてなかったが、
専門医で、内視鏡検査を受けるように指示される。

ところが彼女、
なかなか医者に行かない。

だって、なんともないから、、、。
時間がないから、、、、、。
病院は混んでいるから、、、、、。

そうして先延ばしすること一年近く。
やっと、一番暇そうな医者を探して、
検査を受けさせた。

そしたら、ここでも大当たり!
見事なガンが見つかった。
そこで病院を紹介してもらい、
腸閉塞寸前ということですぐに入院。
そして手術。

医者にいわせると、
お腹を開いて、
大腸のガンの部分をチョキンと切って、
あとを縫い合わせるだけのことらしい。

切り取った腸を見せてもらったが、
なるほど、大きな赤いできもののようなものが、
ピンク色の内壁から盛り上がっている。
かなりの大きさだ。

幸いなことに、
そのガンの大きさの割には、
転移もなく、
つらい抗ガン剤治療もしなくて済んだ。

だから、今は、ケロッとしている。

それでも、検査で気付いて良かったのだ。
たいていの人は、腸閉塞になったり、
痛みなどの症状が出てきてから病院へ行く。
それでは、処置が大変なのだそうだ。
あのまま、放っておけば、
大変なことになっていたろう。

医者に、大腸ガンが増えている原因をきいたら、
やっぱり、食べ物の欧米化をあげていた。
つまり、肉や牛乳などを、
多く取るようになったからだろう。
いや、それらが悪いわけではない。
そういう食事に偏ることがいけないのだろうね。

まあ、大腸のためにも、
自然の食べ物、
そばを手繰ろう。

って、なんの根拠もないけれど、
そばなら、おなかに優しい気がする。

でも、この病気に苦しんでいる人たちは、
身近にもたくさんいるんだ。
ということで、まだまだ続くガンの話。


→→→人気blogランキングへ

|

« 「所見なし」ってどういう意味なのだろう。 | トップページ | 山好きの先輩だった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「所見なし」ってどういう意味なのだろう。 | トップページ | 山好きの先輩だった。 »