« 紅白そばの花 | トップページ | 日本一のソバどころはどこ? »

2007年10月15日 (月)

日本一の米どころはどこ?

私が小学生だった頃の話。
新聞に、北海道の米の収穫量が、
二年連続で、
それまでトップだった新潟県のそれを、
上回ったと書いてあった。

そうか、
日本で一番たくさん米が作られるのは、
北海道なんだ。
私は、そう納得した。
だから、学校で行われた試験で、
「日本で一番お米の穫れる都道府県はどこでしょう。」
という問題に、
自信をもって「北海道」と書いたのだ。

ところが、結果は「×」。
当時は、先生に意見することなど、
出来る雰囲気ではなかった。
でも、勇気を出して聞いてみた。
新聞には、北海道が一番と書いてあったと。

そうしたら先生は答えた。
「教科書に書いてあるでしょう。
一番米の穫れるのは新潟県だって。」

小学生にして、
「机上の学問」の意味を知ってしまった私。
以後、学校の教科書は、
もっぱら昼寝の枕のためにある、
と割り切ることにしたのだ。

さて、北海道は、広大な作付け面積を背景に、
米の収穫高を延ばしていった。
でも、昔は、北海道の米は、
量は多かったけれど、
あまり良い米ではなかったんだね。
ところが、最近は、
農家の人たちの努力で、
おいしい品種が作られるようになったそうだ。

北海道の、厳しい自然の制約を受けながら、
おいしい米を作る工夫を重ねていった。
全国的な気温の上昇で、
かえって、南日本の方が、
良い米が採れなくなったこともあって、
今、北海道の米が注目されているんだね。

北海道の人たちの、
地道な努力のおかげなのだ。

米ばかりではない。
そばだって同じ。
栽培され始めたころは、
味がないなどと、
厳しい批評にさらされた北海道産のそば。
でも、さまざまな改良によって、
いまや、全国の四割近いそばを生産し、
その安定した品質が高く評価されている。

その北海道のそばって、
どのように作られているのだろうか、、、

なんて話はまた今度。

→→→人気blogランキングへ

|

« 紅白そばの花 | トップページ | 日本一のソバどころはどこ? »

コメント

つい最近、お米は北海道産のものがうまいらしい、と聞いたばかりだったので、今日の話を興味深く読みました。そんな昔に生産量日本一になっていたとは知りませんでした。
まあ、その教師の言葉はガッカリさせるものですねえ。おそらく新聞を読んでいなかったのでしょう。
子どもの頃は、会う大人の数が少ないので、大人に幻滅してしまいがちだと思います。知らないのは仕方がないとして、せめて子どもの言葉に耳を傾けてもらいたいですよね。

投稿: 所沢太郎 | 2007年10月16日 (火) 01時17分

所沢太郎 さん、こんにちは。
はい、北海道は、米の生産量では、ずっと一番を保っていたのですね。でも、あまり質が良くないとされてきたようです。
減反が行われた時も、かなり厳しく、水田が減らされたとか。だから、そばの生産量が増えたのかは、よく分かりませんが。
いまは「ななつぼし」などのブランド米がありますね。

まあ、当時の学校の先生は、そんなものだったのかもしれません。卒業してからは、一度も会っていませんね。

投稿: かんだた | 2007年10月16日 (火) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅白そばの花 | トップページ | 日本一のソバどころはどこ? »