« 牧水の飲んでいた酒は。 | トップページ | 「米だけで造られた酒」というけれど、、。 »

2007年9月25日 (火)

脳の重さを感じるには?

今日も前回に続いて、日本酒の話。

さて、酒をこよなく愛した若山牧水と、
同じ時代の歌人に石川啄木がいる。

この人は、肺結核で若くして亡くなるのだが、
さて、やはり酒を飲んだのであろうか。
こんな句が残っている。

今日もまた酒のめるかな!
酒のめば
胸のむかつく癖を知りつつ。

あらあら、この人は、
あまりいい酒を飲まなかったみたいだ。
でも、明治の終わり頃とはいえ、
少なくとも、今のように、
アルコールのたっぷり入れられた、
焼酎もどきの日本酒を飲まされることはなかったはずだ。

すでに述べたように、
現在売られている日本酒のほとんどが、
たっぷりのアルコールで増量された酒なのだ。

そばに例えれば、
一割5分しかそば粉を入れていない、
「そば粉入り細切りうどん」を作って、
「究極の辛口そば」と言って食べさせられているようなもの。

ずっと、そういうものを食べていれば、
これが「そば」だと思ってしまうのは、当たり前なことだろう。

でも、皆さん、ご安心あれ。
世の中には、良心的な酒屋さんがあって、
アルコールを添加していない日本酒が、
ちゃんと売られている。
そう「純米酒」と呼ばれるお酒。

つなぎ粉を一切使わない、
「十割そば」のようなものだ。
これで、本来のそばの味が楽しめるように、
「純米酒」によって、
米から醸し出される、
本来の酒の味に親しむことができる。

ただ、「十割そば」が、
作ったり扱ったりするのが難しいように、
この「純米酒」も、作ったり、
管理したりするのが大変なのだ。
いい「純米酒」を作るには、
酒蔵の高い技術が必要なんだね。

この酒は、いろいろな風味が混じり合い、
ぐっと深みのある味わいとなる。
今まで「純米酒」を飲んだことのない方に、
この酒を飲んで頂くと、
「甘く感じる」とおっしゃる方が、
けっこう多い。
それは、口に含んだ時に来る、
がつんとした、醸造用アルコールの匂いがないからだ。
そのアルコール臭さが、酒の味だと思っている方が、
多いのだよね。

そばの味よりも、
つなぎの小麦粉の味が美味しいと思ってしまうのと同じこと。

でも、「純米酒」を飲み慣れてくると、
その味の膨らみに気付いてくる。
ただ、酔うための酒ではなく、
一口一口、噛み締めるように、
そう、まさにお米を噛むようにして飲めるのが、
この純米酒なのだ。

ほら、先ほどの啄木にも、こんな歌がある。

しっとりと
酒のかをりにひたりたる
脳の重みを感じて帰る。

酒を飲むと、脳が軽くなってしまう人もいるけれど、
脳の重さを感じる人もいるんだね。
その酒は、当時と同じ造りの酒、
やっぱり「純米酒」だろう。

さて、数年前にこの純米酒が注目されはじめた時、
大手酒造メーカーも黙っていられなくなった。
そして、あることを始めたんだね。
ええっ、これでも「純米酒」なの!

あっ、書くところが無くなってしまった。
日本酒の話は、まだまだ続くのだ。


→→→人気blogランキングへ

|

« 牧水の飲んでいた酒は。 | トップページ | 「米だけで造られた酒」というけれど、、。 »

コメント

いやあ、酒を呑まない私にも興味深い話ですね。先が読みたいです。

投稿: 所沢太郎 | 2007年9月26日 (水) 01時52分

所沢太郎 さん、こんにちは。
私は以前、居酒屋をやっていたので、酒に関する思い入れが強いのです。だから、ついつい、長々と語りたくなります。
もうしばらくお付き合い下さい。

投稿: かんだた | 2007年9月26日 (水) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牧水の飲んでいた酒は。 | トップページ | 「米だけで造られた酒」というけれど、、。 »