« 「たぶん日本で一番、、」 | トップページ | そばは「たぐる」もの? »

2007年8月28日 (火)

気が付かない方が多いけれど。

Sobahana店に飾ってあるそばの花。

畑では雑草状態で、あちらこちらと咲いているが、
こうして生けてみるとなかなかいいもの。
あの、誤解のないように言っておきますが、
そばの花は白い花。
青いのはリンドウの花。
画面を拡大して御覧下さい。

そばの花は、普通は切り花に出来ないと言われている。
そばの茎は、中が穴になっていて、切ると、
くたーとなってしまうからだ。
そこをめげずに、深めの水に茎をつけておくと、
二時間ぐらいすると復活。
見事に花を上に向けて咲かせる。

そうして、このように花瓶などに飾れるのだ。
でも、持ってもせいぜい二日。
水に入れた茎が痛んでしまうのだ。
もっとも、花は、我が家の庭にも、
畑にも、たくさんあるので、
毎日のように切ってきて替えている。

この白い花から、黒い粒のそばが穫れる。
もっとも、そばは、実を穫ってから、
食べられるようにするのが大変なようだ。

|

« 「たぶん日本で一番、、」 | トップページ | そばは「たぐる」もの? »

コメント

隣家の庭先に猫6500匹分のかなりな畑があって、半分位の(猫3260匹分)スペースにそばをつくってます。
 今年は梅雨の長雨で8月に入ってから種蒔きしたみたいだけど3・4日前から白い花を次々と咲かせ始めています。
 途方も無く暑い夏だったにもかかわらず草丈も十分、また今の秋雨で実の充実も期待でき収穫の秋をまつってとこでしょう。
 これの粉で子宝饅頭なるなかなかな代物をつくるわけです。
 婦人会っていうのかな?なんか、イベントとか朝市とかで販売してるみたいですが、おばさんたちが、加工所に集まって、粉捏ねたり、話したり、貶したり、笑ったり、拗ねたりしてんのかな?
 ちなみに、なにかの折一度だけ食べたことあります。 

投稿: nao | 2007年8月30日 (木) 18時11分

nao さん、こんにちは。
 なるほど、隣家のそばは順調に育っている見たいですね。でも、それで作るという、子宝饅頭とは、いかなるものなのでしょうね。そば粉から、饅頭という発想は、またおもしろいです。
 地域で和やかに、そのようなものを作られているのは、なかなか楽しそうですね。
 さて、私の畑は、猫何匹分になるのか、今度家の猫を連れていって測ってみることにします。

投稿: かんだた | 2007年8月30日 (木) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「たぶん日本で一番、、」 | トップページ | そばは「たぐる」もの? »