« 「自家製キュウリの針の山」 | トップページ | タヌキとキツネと「むじな」 »

2007年7月 9日 (月)

一枚目より難しい二枚目

今日も、だいぶ蒸し暑い一日であったようだ。
私は、エアコンの効いた店内にいるのでよく分からないが、
来られるお客さまの顔が、「暑い、暑い。」と、
いっておられる。

こういう時は、冷たいそば茶がよく出る。
濃いめに入れたダッタンそば茶を冷やしたもの。
これがなかなか好評。
もちろん、無料。

こういう時には、ほとんど「せいろ」しかでない。
そして、二枚重ねを頼まれる方も多い。

さて、「手打ちそば屋 かんだた」では、
よっぽど混み合っている時以外は、
二枚重ねは、一枚づつ、別釜で茹でている。

つまり、一度に茹でたそばを、二枚にして出すのではなく、
一枚、一枚と順番に、別に茹でて、盛ってお出ししている。

理想としては、一枚目が食べ終わった頃に、
二枚目が出るようにしたい。
でも、これがなかなか難しい。

お客さまによって、食べる早さが違うのだ。
さっ、さっと食べてしまわれる方には、
ちょっと、間が空いてしまうこともある。

ゆっくり食べる方だと、二枚目を持っていっても、
まだ一枚目が半分残っているということもある。

知っているお客さまなら、その早さを合わせられるが、
初めての方では、わからない。
先日も、女性の方で、三十分ぐらいかけて、
そばを二枚召し上がっていかれた方がいたけれど、
伸びてしまっていないか、こちらの方がハラハラする。

中には、二枚そろわないと、食べ始めないお客さまもいる。
せいろを重ねて、一気に召し上がるのが好きなのだそうだ。

う〜ん、二枚目を出すタイミング。
これは、難しい問題だ。

といいながら、
けっこう適当に茹でてお出ししていますが。

|

« 「自家製キュウリの針の山」 | トップページ | タヌキとキツネと「むじな」 »

コメント

食べる方から

頼んだ順番や タイミングが よかったことがありません。
10回以上 通った店でも 計りかねています。
料亭じゃないし スタッフが少ないお店も多いので
先の 防衛大臣じゃないが 仕方がない・・

私は 1枚食べたら 続けて 次が食べたい
食べ具合をみて 出すのではなく
1枚目が出たら すぐに 次を茹で始める
そうすると 1枚目が食べ終わったら 2枚目と
タイミングよく いけます。
毎回 同じルールなら 客も覚えますよ あわせます。
客は ことのほか 何も感じていません。

オフレコですが(食べるのに30分もかかる客は 本音では
また 来てくれなくても いいと思います。)

客の食べ具合まで 考えてくれてる
蕎麦屋さんが あるだけで 感謝できる今日この頃(合掌)

店主が 客になったとき これでいいのかとか
また、自分家のそばを食べたことがあるんかいな?
と、思うような お店ばかりなんです。

しかたがない しかたがない

投稿: 辛汁 | 2007年7月10日 (火) 08時22分

辛汁 さん、こんにちは。
いつもお読み頂き、ありがとうございます。
そうですね。
ある程度テンポを決めておいて、
お客さまの様子を見ながら、多少調整するような感じでお出しすればいいのでしょうか。
何しろ、早い方は、30秒もしないうちに、一枚目のそばが無くなってしまいます。
こういう方には、あらかじめそばを茹でておいて、水切りをしておかないと間に合いません。
出来るだけ「しかたがない」と言われないように努めるつもりです。

投稿: かんだた | 2007年7月10日 (火) 20時58分

はじめまして!
時々、読ませていただいています。
私は、現在お蕎麦屋さんの開業準備中です。
結構、勉強になることが多く、そして楽しく読ませて
いただいてます。
実は、私、せいろを大、中、小とし(100グラム単位です)
普通の量だと、せいろ2枚となるように考えていました。
そこで、悩んでいるのが、やはり、お客様に出すタイミング
だったのです。
お客様に1枚目を出した時に
「2枚目は、すぐお出ししていいですか?」と
聞いた方がいいのかな~と考えてました。

投稿: あかね | 2007年7月15日 (日) 09時26分

あかね さん、こんにちは。
そば屋の開店準備中ですか。
いいですね。
しっかりと準備をなさって下さい。
このブログは、あまり参考にならないかもしれませんが。

いやあ、忙しい店、数をこなす店では、二枚を分けてだすのは大変です。でも、以前、ある老舗のそば屋さんで、忙しい時間帯にも関わらず、ちゃんと、タイミング良く二枚目をだして頂いたことがありました。
私も、出来るだけ見習いたいと思っているのです。
お客さまの顔を見ただけで、そばを食べる早さが分かるといいのですが。

投稿: かんだた | 2007年7月15日 (日) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「自家製キュウリの針の山」 | トップページ | タヌキとキツネと「むじな」 »