« みんな同じでは楽しくない。 | トップページ | 「足打ちそば」 »

2007年6月25日 (月)

ロケ地めぐりは歴史の町めぐり。

さて、長野市を舞台にした大林宣彦監督の映画、
「転校生 さよならあなた」が劇場公開された。

その公開にあわせて、
この映画のロケをされた場所を、
巡ってみようという企画があり、
お手伝いをさせて頂いた。

いや、そのロケ地の場所がすごい。
地元の人も知らぬ、路地裏の細い道。
車の入れぬその場所に、大勢の撮影スタッフが、
押し合いへし合いしながら映画を撮ったのだと想像すると、
なんだか、面白くなってくる。

映画の中では一瞬のシーンでも、
それを撮るためには、
その何百倍もの時間を使ったのに違いない。

もっとも、この映画は、
ちょっと現実離れしたファンタジーだから、
あんまり、リアリティのある観光名所などが、
使われなかったのもうなづける。

そんな路地裏は、長野の町にとっても、
古い歴史を刻む場所でもあるようだ。

百年前から続く映画館の裏の壁。
鎌倉時代の伝説にまつわる庵のあった場所。
明治時代に、ある個人が切り開いた崖の階段。
このロケ終了後に、廃業してしまった銭湯。
江戸時代に敷かれた、参道の敷石。

30人余りの参加者の方々と一緒に歩いたのは、
映画のロケ地めぐりを口実にした、
長野の町の歴史散歩の彩りがする。
大林監督は、よく、そんな場所を選んだなと、
改めて感心。

こういう町で、私も、
「そば屋」という商売をさせていただいているのだなあ。
と、身の引き締まる思いがする。

このロケ地を巡る
「善光寺門前 映画の町めぐり」は7月8日にも行われる。

詳しくは歴史の町長野を紡ぐ会のホームページを御覧下さい。 

|

« みんな同じでは楽しくない。 | トップページ | 「足打ちそば」 »

コメント

ロキシーさんで、その三つ折パンフ見ました。
撮影現場が何箇所も載ってるものです。
ね~。
知らない風景が身近に沢山あるんだな、って思いました(笑)
探検家みたい。

投稿: Jun | 2007年6月28日 (木) 08時50分

Jun さん、こんにちは。
はい、まさに路地裏探検の様相です。
ヤブ蚊も出ましたし。(笑)

映画が、こういう路地を歩く、
理由を作ってくれるといいですね。

投稿: かんだた | 2007年6月28日 (木) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みんな同じでは楽しくない。 | トップページ | 「足打ちそば」 »