« ロケ地めぐりは歴史の町めぐり。 | トップページ | 「そば相撲」の本当の勝負は? »

2007年6月28日 (木)

「足打ちそば」

さて、先日ロケの現場を見に歩いた、
大林宣彦監督の映画「転校生 さよならあなた」の中で、
そばを足で捏ねるシーンがある。

これは、そば屋の娘に乗り移った男の子が、
うどんしか作ったことがなかったからだ。
そのつもりで、そばの生地を、足で踏んだのだ。

映画の中では大騒ぎとなるが、、、。
でも、どうして、
そばは、足踏みをしないのだろうか。

これは、「そば」と「うどん」の、
捏ねる目的が違うからだ、、、とか言われている。
「うどん」はグルテンというものが、
網の目状になるように、
しっかりと練らなければいけないそうだ。

昔、うどんを作った時に、
手で捏ねていたら、だんだん粘りが強くなって、
捏ねるのが辛くなった。
大量に作る時などは、生地の上にのって、
自分の体重で踏んで、捏ねたくなるのは、
ごく自然な感情だ。

一方、そばの場合は、そんなに弾力がない。
力はいるが、手で押せば、ぐっとへこんでしまうのだ。
足で踏めば、踏むごとに、足裏が底に当たるに違いない。

まあ、そんなことから、そばはあえて、
足で踏んでまでも捏ねる必要はないのだろうなあ。

足で練った「足打ちそば」。
、、、なんか、箸が止まってしまう気がするけれど。

|

« ロケ地めぐりは歴史の町めぐり。 | トップページ | 「そば相撲」の本当の勝負は? »

コメント

本当に・・・不思議ですね。
うどんは足で踏んでいる事を、当たり前に解っているのに、美味しく食べていますが、蕎麦を踏んでいます と言われると、複雑です。
足打ちのほうが美味しいのならば、大いにやるべしですが、言わないで欲しい。。(笑)

投稿: たく | 2007年6月28日 (木) 22時55分

たく さん、こんにちは。
そばも、よく捏ねる事が大切だ、という方もいるので、そんなやり方も、アリ、でしょう。
どなたか試してみるといいですね。
私は遠慮しておきますけれど。(笑)

投稿: かんだた | 2007年6月29日 (金) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロケ地めぐりは歴史の町めぐり。 | トップページ | 「そば相撲」の本当の勝負は? »