« 小麦は世界を巡る。 | トップページ | ソバは世界を巡る »

2007年5月26日 (土)

日本は九番目

さて、世界では、どのくらいのソバが、
作られているのだろうか。

雑誌に載っていた、2003年の資料では
全世界では、約200万トンのソバが作られているそうだ。

え〜と、200万トンというと、
人間の体重が一人60キロ平均として、
え〜と、
だいたい、3300万人分の体重と同じということ。
おおまかにいえば、
カナダの国の人の全部の体重を、
全部足したぐらいの重さのソバが、
一年間に作られているらしい。

だから何なの。
なんの、たとえにも、なっていないけれど。

さて、そのうち、日本で消費されるのは、
12万トンといわれている。
つまり、世界で穫れるソバの、
6パーセントを、我々は食べているのだ。

この数字、多い?
それとも、少ない?

一番の生産国は中国、
そして、カーシャなどのソバ粥で食べられる
ロシア、ウクライナと続く。

この三国だけで世界の生産量の、
80パーセントを占めているのだ。
そして、フランス、アメリカ、ブラジルなどと、
日本より生産量の多い国が続く。

へえ、フランスなんか、10万トンも穫れるのだ。
日本の国産のそばの3倍以上の量だ。
ガレットやクレープに使われるという話は聞いたことがあるが
どうなのだろうか。

日本の生産量は、順位でいうと9番目。
世界では、たくさんのソバが作られ、
そして、さまざまな形で食べられているのだ。

でも、日本のような麺にして食べるところは、
あまりなさそうだけどね。

|

« 小麦は世界を巡る。 | トップページ | ソバは世界を巡る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小麦は世界を巡る。 | トップページ | ソバは世界を巡る »