« ネギは人気者、嫌われ者? | トップページ | 私の通る時間は、ガラガラだったけれど。 »

2007年5月 1日 (火)

カビも使い方次第。

 子供の頃のこと。
 正月の餅は、子供にとっては好物。
 家族みんなの食べる数を聞いて、
 火鉢の上で、餅を焼くのが楽しみだった。

 魚は大名に焼かせろ、
 不精だから、一度しか引っくり返さない。
 餅は乞食に焼かせろ、
 早く食べたいから、何度も引っくり返す。

 そんなことわざが、あったっけ?
 とにかく、乞食坊主よろしく、
 餅を何度も引っくり返しながら、
 プクッと膨れるまで焼くのだ。

 ところが、七草を食べる頃には、
 餅に異変が起きる。
 餅箱から取り出した餅に、
 青い斑点がぽつりぽつりと。

 そう、カビが生えてきたのだね。
 暮れに、ついてもらったのし餅を、
 大騒ぎして四角に切り、
 正月のあいだ中食べて、残った餅。

 そのカビを、包丁でそぎ落として、
 ペニシリンだって、カビから作られているのだ、
 と、そういって、最後の餅を食べたものだ。

 冷蔵庫もなかった時代には、
 食べ物は、痛みやすかった。
 そして、すぐに、カビの餌食となったんだね。

 そうやって、カビに悩まされながらも、
 私達の祖先は、
 逆にカビを利用する方法を思い付いたのだ。
 味噌や醤油、酒だってそうだよね。

 西洋だって、チーズを作る時に、
 カビの力を使ったりする。

 そして、私がいつも感心するのは、
 コレに使われているカビ。

Katuobushi  コレは、もともとは、
 海を泳いでいた魚。
 そう、カツオなのだ。

 カツオを、背骨にそって二つに割り、
 さらに、背と腹に分けて、
 乾燥させたものがこれ。

 つまり、丸々としたカツオの身の、
 四分の一の切り身ということになる。

 この、かつお節を造る工程は、複雑だ。
 煮たり、焼いたり、干したりと、
 手間のかかる作業が必要となる。
 そうして、こんな、釘の頭でも打てそうな、
 固い塊になるのだ。

 一番最後の工程は、カビ付け。
 表面に、薄いカビを生やすことによって、
 中のほうに残っている水分を吸い取り、
 保存しやすくしたのだ。

 ここまでの、作り方を仕上げるために、
 どれだけの試行錯誤があったのか、
 考えるだけでも、
 う〜ん、私の想像に余る。

 ええっ、お前の想像力にカビが生えているからだろうって。

 とにかく、昔の人は、そうやって、
 カビと付き合ってきたのだ。

 今の、ビニールに包まれた餅は、
 いつまで経っても、カビは生えない。
 食パンだって、最近のものは、
 カビが生えないように出来ている。

 今の時代、食べ物にカビというのは、
 まず、考えられないようだ。
 カビが生えないものを食べ、
 人間も、カビが生えないような、
 味のない人が増えたような、、、、。

 

 そば屋の出汁には、
 そんなかつお節が欠かせないのだ。

|

« ネギは人気者、嫌われ者? | トップページ | 私の通る時間は、ガラガラだったけれど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネギは人気者、嫌われ者? | トップページ | 私の通る時間は、ガラガラだったけれど。 »