« たかが薬味のネギ。されど、、、。 | トップページ | ネギは人気者、嫌われ者? »

2007年4月26日 (木)

長野で作られるネギは「松本一本ねぎ」

 薬味に使われるネギは、関東では千住ネギと呼ばれる、
 白いネギが使われる。
 いわゆる根深ネギだ。

 千住と言えば、東京は足立区にあたる。
 昔は江戸の町の北限とされ、ネギの栽培が盛んだったらしい。
 それでネギに地名が付いて、一般に広まったのだね。

 もっとも、ここ千住には、今もなお、
 ネギ専門の市場があって、お隣の埼玉辺りから、
 質のいいネギが集まるという話だ。
 だから、東京辺りの料理人が「千住ネギ」といえば、
 この市場を通した高級品のことを言うとか、言わぬとか。

 たかが、ネギごときで、高級品も何もあったものか、、、
 と思うけれど、ネギだって、味にはずいぶんと差があるのだ。

 そばの薬味には、、、
 私は柔らかいネギが好きだけれど。

Negi さて、そのネギ苗の植え付けの季節。
 私の借りている畑は、河川敷で砂地なので、
 ネギの栽培には適しているのだ 。

 ネギはゆっくりと育つ。
 去年の秋に蒔いた種が、今このくらいの苗になり、
 九月か十月くらいから、店で使えるようになるだろう。

 さて、ネギが白いのは、土の中にあるから。
 少し育ったなと思うと土を寄せ、
 また伸びたなと思ったら土をかぶせていく。
 そうして、じっくりと育っていくのだ。

 ネギがおいしくなるのは、何回か霜にあたってから。
 本当に柔らかく、甘味のあるネギが出来上がる。

 そのために、今から一苦労。
 おいしくなれよ、うまく育てよ、
 夏の草に負けるなよ、と言い聞かせて、
 ネギを植えたのだ。

 これからは、休みの日は、一日畑仕事。
 ナスも作るぞ、キュウリも作るぞ、
 何よりも、何よりも、自分で作った野菜が
 おいしいと思うからだ。

 って、自己満足の世界かもしれないが。

|

« たかが薬味のネギ。されど、、、。 | トップページ | ネギは人気者、嫌われ者? »

コメント

ねぎは 一年がかりなのですね。知りませんでした。。
もっと大切に使わなくては いけませんね。千住は、春から夏の時期でも、蕎麦の薬味にも一級品です。冬の埼玉深谷ねぎも、あまくて とてもおいしいです。

投稿: たく | 2007年4月26日 (木) 22時50分

ネギの違いなんて太さしかわからない私ですけど、こういう文章を読むと、かんだたのネギをありがたく思うようになります。たかがネギ、されどネギ。こんど食べるときは、よく味わってみます。

投稿: 所沢太郎 | 2007年4月27日 (金) 01時42分

たく さん、こんにちは。
ネギは育つのに時間がかかりますが、にわか百姓には楽な作物です。
ただ、土を寄せてやるだけ。
でも、千住のネギのように、中までよく締まったネギは、なかなか出来ませんね。

投稿: かんだた | 2007年4月27日 (金) 07時31分

所沢太郎 さん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
春から夏にかけては、ネギの端境期。畑のネギが育つまで、買ってきたネギを使わなければならないのが残念です。

投稿: かんだた | 2007年4月27日 (金) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たかが薬味のネギ。されど、、、。 | トップページ | ネギは人気者、嫌われ者? »