« 私達は、今、何をすべきなのだろう。 | トップページ | 「ソバ」には刺はないけれど。 »

2007年4月16日 (月)

六千人という人の波はすごい。

Marason いやあ、皆さんよく走られますね。

 今年の長野マラソンの参加者は六千人を超えたとか。
 今回は、天気にも恵まれ、ちょうど桜の満開の時期とも重なり、参加された方々も、気持ちよく走ることが出来たのではないだろうか。

 走り終えて、店に寄って頂いたお客さま。
 なんと、はるばる鳥取からお出でになられたとか。
 去年も参加されて、今年は北アルプスが見えたと、喜んでおられた。
 走りながら、北アルプスを眺めるなんて、、、、余裕だね。

 さて、マラソンを走る方々は、そのエネルギーを身体に蓄えるために、カーボローディングということをするそうだ。
 つまり、マラソンの二三日前から、炭水化物の多い食べ物をたくさん食べるようにするという。

 炭水化物の多い食べ物と言えば、もちろん、ご飯。
 それに、パンだっていいし、うどんにパスタ、そう、そばだっていいんだ。
 走る当日も、同じように、炭水化物をたくさん摂る。
 脂肪やタンパク質は、消化が悪かったりして、あまりよくないそうだ。
 トンカツや焼き肉、ウナギなんかは、食べないほうがいいんだね。

 そうして、あの、長い距離を走る力が保たれるのだ。

 そばなんか、消化がいいから、こういう運動前に食べるのには適しているかもしれない。
 ほら、よく、マラソンの給水所に、バナナとか、クッキーみたいなものが置いてあるでしょう。
 あそこに、そばも置いておいたらどうだろうか。

 走りながら、そばをズズッとすする。
 そうすれば、「細く」、「長く」、走れるのではないだろうか。

 だめかなあ。

|

« 私達は、今、何をすべきなのだろう。 | トップページ | 「ソバ」には刺はないけれど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私達は、今、何をすべきなのだろう。 | トップページ | 「ソバ」には刺はないけれど。 »