« 善光寺の阿弥陀様は、そば好きだろうか。 | トップページ | 鹿児島はそば処、焼酎ばかりではない。 »

2007年3月15日 (木)

「蕎麦地蔵」というのもある。

前回に「そば食い地蔵」を紹介したが、
「蕎麦地蔵」というのもあるという。

場所は東京は、帝釈天で有名、
というより、
フーテンの寅の「男はつらいよ」で有名な、
葛飾、柴又にあるという。

こちらの起こりは、室町時代のお坊さん。
火事で焼けた高野山本堂の復興勧進のため、
つまり、お金集めのために、全国を回っていた。
ところが、歩けなくなってしまった。
今で言う「脚気(かっけ)」にかかってしまったのだ。

ある山の中で、村人たちから頂いたそばを水で溶いて食べていたら、
あら不思議、病気が直ってしまった。
そう、そばには、脚気を治すビタミンBが豊富なのだ。

以後、その坊さんはそばを食べるように、
人々に勧めて歩いたという。
そうして、たどり着いたのが、無住だった医王寺というお寺。
それから、代々、住職は、そのお坊さんの話を伝えてきた。

昭和の始めに、それを聞いた地元のそば屋さんの組合が、
そのお坊さんモデルとした地蔵尊を作ったのだ。
一時は盛大に信仰されたが、今では、そば屋さんも代替わりし、
訪れる人も少なくなってしまったとのこと。

そのお坊さんは、身をもって、そばが身体にいいことを証明したんだね。
そうして、人々に、「そばは長寿の食べ物」といって勧めたのだ。

たしかに、私のように「そば」を商売にしている者にとって、
ありがたいお話。
これは足を向けて寝られないぞ。
ええと、地球儀で、方向を確認して、、、、。

|

« 善光寺の阿弥陀様は、そば好きだろうか。 | トップページ | 鹿児島はそば処、焼酎ばかりではない。 »

コメント

メルマガ、ありがとうございます!いつも勉強させていただきます。
なぜ、地図ではなくて、地球儀なのですか?的外れな疑問でスミマセン。(自分に苦笑。) 深い意味があるのかも。。

投稿: たく | 2007年3月15日 (木) 22時59分

いえいえ、こちらこそ、勉強させていただいております。

ええ、たまたま、目の前に地球儀があったからで、残念ながら深い意味はありません。
何しろ百円ショップで買ったものなので、小さくて見にくいのですが、どこかへ行く時には、必ず参考にしています。(汗`。)

投稿: かんだた | 2007年3月16日 (金) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 善光寺の阿弥陀様は、そば好きだろうか。 | トップページ | 鹿児島はそば処、焼酎ばかりではない。 »