« 税務署は見逃さない。 | トップページ | 善光寺の阿弥陀様は、そば好きだろうか。 »

2007年3月11日 (日)

毎日食べているけれど、(今のところ)飽きない。

私の子供の頃には、そば屋でいなりを出すところが、けっこうあったような気がする。
たまたま、私の行ったところがそうだったのだろうか。
今ではそういう店も、少なくなったようだ。
でも、そばつゆで炊いたいなりも、なかなかおいしいのだ。

Inari ということで、「手打ちそば屋 かんだた」では、いなり寿司を用意している。
中身はそば、、、、ではない普通のご飯。
そばの実と、刻んで干した大根の葉を混ぜたご飯を、そばつゆで炊いた油揚げの皮で包んでいる。

長野で売られているいなりは、一般的にすごく甘い。
だから、いなり寿司を敬遠する方もいらっしゃるが、かんだたのいなりは、それほど甘くないので、甘いのが苦手な方でも、召し上がれることと思う。

昔は、いなりといえば、各家庭の味が出たものだ。
どこかへ出かける、何か行事のある時など、前の晩に、コトコトといなりを煮たという。
この皮を作るのは、けっこう手間のかかるものだ。
今では、工場で作られた製品がスーパーなどに売られているから、そういうものを使われる方が多いのだろうな。

たくさんの食べ物のある今の時代。
いなり寿司なんて、もう、ごちそうと言えないのかもしれない。
でも、手間をかけて、気持ちをかけて作ったものこそ本物のごちそう。
各家庭の味を、引きついで頂きたいなと思っている。

ちなみに、いなりの発祥地は、某稲荷神社の門前だそうだ。
稲荷神社の神様の、きつねの好物の油揚げを使って作ったとか。
きつねって、本当に油揚げが好きなのかな〜。
でも、料理って、そんなちょっとした発想から生まれるんだね。

|

« 税務署は見逃さない。 | トップページ | 善光寺の阿弥陀様は、そば好きだろうか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 税務署は見逃さない。 | トップページ | 善光寺の阿弥陀様は、そば好きだろうか。 »