« 本末転倒のような、、。 | トップページ | 毎日食べているけれど、(今のところ)飽きない。 »

2007年3月10日 (土)

税務署は見逃さない。

国会では、どこかの閣僚が、自分の政治団体の活動報告書に、虚偽の記載があるとされて、揉めている。
本来無料である議員会館を使っていたのに、「水道光熱費」として、年間507万円が計上されていたというのである。

やれやれ、また、そんな話か。

今は予算審議の時期。
本来なら、数十兆円のお金の使い道を審査するべきなのに、
たかだた、507万円のことで、つまずいている。

もちろんそれはそれで、由々しき問題。
しっかりと追求してもらいたい。
でも、国会で議論(?)するような問題だろうか。

日本の行く末はどうなるのか。
我々の生活はどうなるのか。
そういうことを、きっちりと話し合ってもらいたいのにね。

議員の方々、いったい国会を開催するのに、
一時間あたりどのくらいの経費がかかるかご存じなんだろうか。
しっかりと、原価意識をもって、職務に当たってほしい。
(昔、よく言われたけれど。)

Sinnkoku 折しも確定申告の季節。
こんな路地裏に隠れて営業していても、税務署は見逃してくれない。

毎年、今年こそは早めにやろうと思うのだが、やっぱりギリギリになってしまう悲しさ。
慣れない電卓片手に奮闘中。

なのに、あの腑甲斐ない国会のために、税金を払っていると思うと、なんともやるせないのだ。
もっとも、税金を払うだけ儲かっていればいいけれど、、、。

とりあえず、「水道光熱費」は507万円ということにしておこうね。

|

« 本末転倒のような、、。 | トップページ | 毎日食べているけれど、(今のところ)飽きない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本末転倒のような、、。 | トップページ | 毎日食べているけれど、(今のところ)飽きない。 »