« 「ささら」は細かく割った竹を束ねたもの。 | トップページ | 値切ればいいっていうものではない。 »

2007年2月22日 (木)

そばの食べ方に決まりはないけれど。

今月のメールマガジンでは、そばの食べ方について書かせて頂いた。
こちらをご参考に。
まあ、そばの食べ方は、人により違うので、あまり、「こうでなければ。」などと、押し付けてはいけないものだ。

でも、私の子供の頃など、うるさく言う人がいた。
近所のそば屋で、くちゃくちゃとそばを食べていると、
「江戸っ子が、そんなそばの喰い方をするんじゃねえ。」
と言われて、見も知らずの親父から頭をたたかれた。
そば湯なんぞ、かき回して飲もうものなら、
隣近所から「あの人は意地汚い」と指をさされたものだ。

だから、お客さまが、くちゃくちゃとそばを食べると、
つい、頭をたたきたく、、、、、なることはない。
今の時代、そういう食べ方もありなのだ。
ただ、北朝鮮から核ミサイルを借りてきて、
頭にぶつけてやりたい、、、、、、気もしないことは、、、ないけれど。

最近、面白い食べ方をする方が増えたきた。
若い男性でもいるが、女性の場合が多い。
せいろに盛られたそばを、何度も箸でつまみ直している。
つまむごとに、箸をくるっとまわして、そばを団子のようにしているのだ。
そして、ある程度の団子が出来上がると、おもむろにそばを取り上げて、汁につけて召し上がっている。

そのほうが食べやすいのだろうか。
それとも、単なるくせなのだろうか。

私はひそかにコレを「スパゲッティ喰い」と呼んでいる。
ちょうどスパゲッティを食べる時、フォークに巻き付けて、
団子にしているのと同じようだからだ。
(フォークにスパゲッティを巻くのは。アメリカ人と日本人だけだって言う話を聞いたことがあるが、真相は不明。)

この食べ方では、食べるのに時間がかかる。
そばが伸びてしまわないか、
見ているほうとしては心配になるが、
お客さまのほうとしては、
一生懸命団子づくりに励んでおられる。

様々な食べ物が溢れている今の時代、
そばの食べ方も変わってくるのかもしれない。
昔ながらの、「そばはこう喰うものだ!」
なんていうのは、化石になりつつあるようだ。

|

« 「ささら」は細かく割った竹を束ねたもの。 | トップページ | 値切ればいいっていうものではない。 »

コメント

この前、お寿司やさんで「塩で食べて」と言われて、
お醤油使わせてくれなかったトコロがあったって聞きました(^ー^;
食べ方いろいろ、でも美味しく食べるのが一番ですよね!

ドイツ人のお友達は、パスタをスプーンでクルクル巻いてから食べてました。
あれ、それはお子様の食べ方?って思ったけど、
一緒したおば様には自慢してた(笑)
「ほら、こうすれば食べやすいでしょ!」ってww
やっぱり食べ方色々ですね。

投稿: Jun | 2007年2月27日 (火) 12時11分

そばも塩で食べてもおいしいです。
でも、少しならいいですけれど、全部塩で食べろというと、ちょっとつらいかも。
パスタも、スプーンで巻こうが箸で巻こうが、食べ方は好きずきだと思います。

でも、食べ方って、その人の品性が出るような、何となく、普段何喰ってるんだ、というのが現れてしまうような気がします。
形ではなく、品のある食べ方って、、、、難しいですね。

投稿: かんだた | 2007年3月 1日 (木) 07時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ささら」は細かく割った竹を束ねたもの。 | トップページ | 値切ればいいっていうものではない。 »