« 「硫黄島からの手紙」の島 | トップページ | そば切り発祥の地? »

2007年1月28日 (日)

蕎麦は「大バカ」

 一年で一番寒い季節のはずなのに、長野は雪もないし、あまり寒くない。
 去年が、あまりに寒く、雪に悩まされた冬だったから、この冬は、とても楽に感じるのだ。だって、まだ、雪かきを一度しかやっていない。

 お客さんが、薬をもらうために医者に行ったら、医院はガラガラだったそうだ。
 今年は、風邪も、鳴りを潜めているようだ。
 医者はヒマで困るだろうけれど。

 さて、蕎麦も風邪をひく。
 この季節は、空気が乾燥するので、特に気をつけなければ。
 何しろ蕎麦が風邪をひいてしまうと、生舟の中でくしゃみの音がやかましくて、、、、、ということはないけれど。

 まあ、蕎麦が風にあたった、という意味なのだろう。
 打ち上がった蕎麦を、きちんと保管しないと、表面が乾き、茹でた時にブツ切れになってしまう。
 たとえわずかな時間でも、打ち終わった蕎麦を風に当てることは禁物。
 特に私のような細打ちの蕎麦は、すぐに乾いてしまう。
 風邪をひきやすい体質なのだね。
 だから、生舟に入れる時には、手ぬぐいで、大切に包んでしまっておく。

 幸いなことに、私自身は、あまり風邪をひかない方だ。
 もっとも、こういう商売をやっている以上、風邪なんかひいていられない。
 えっ、なんだって。
 バカは風邪をひかない、、、だって。

 そお、どおせ私はそうでしょう。
 蕎麦打ちバカになれたかな。
 でも、知っているかな。
 バカは風邪をひかないけれど、大バカは風邪をひくそうだ。
 あなたはどちら。

 

|

« 「硫黄島からの手紙」の島 | トップページ | そば切り発祥の地? »

コメント

エー!なんで大バカはひかないの? 自営業のボクも、休んでいたら生きていけないから、10年近くカゼはひかないですね。病は気から。。カゼなど最たるものと思ってます。なーんてね!
浦和は、雪が舞っても来ません。あたたかいです!お体大切に。。

投稿: たく | 2007年1月28日 (日) 22時53分

エー!なんで大バカはひかないの? 自営業のボクも、休んでいたら生きていけないから、10年近くカゼはひかないですね。病は気から。。カゼなど最たるものと思ってます。なーんてね!
浦和は、雪が舞っても来ません。あたたかいです!お体大切に。。

投稿: たく | 2007年1月28日 (日) 22時54分

不慣れなもので、ふたつ入りました!!
しつこいなんて言わないでください。

投稿: たく | 2007年1月28日 (日) 22時57分

たく さん、こんにちは。
埼玉の方も暖かいみたいですね。

そう、商売をしていたら、おちおち風邪なんかひいてられない。
胃カイヨウにも、アルツハイマーにもかかっていられない。
病は気から、、、、。
でも、しっかりと休息はとりましょうね。

投稿: かんだた | 2007年1月29日 (月) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「硫黄島からの手紙」の島 | トップページ | そば切り発祥の地? »