« 初詣は早朝 | トップページ | 足には「しもやけ」もできた。 »

2007年1月 5日 (金)

どうして「猪鼻」ではなく「猪口」なのか。

 今年は猪年。
 どこかの国の首相が「今年は猪突猛進でがんばる」と言ったとか言わなかったとか。
 それって、人の意見を聞かずに突っ走るってこと?
 まさか、違うよね。心配だな。

 猪と言えば、豚と同じであの鼻が特徴的。
 そばを食べる時に使う「猪口(ちょこ)」も、あの鼻の形に似ているから付けられたんだよね。
 あれ、ちょっと待てよ。
 猪の鼻に似ているなら、「猪口」じゃなくて、「猪鼻(読み方不明)」になっているはずだ。どうして「口」なのだろう。

 実は「猪口」というのは完全な当て字。朝鮮語の「チョング」という発音からきているのだという。
 なんだ、猪とは関係ないんだね。

Sobachoko  古いそば猪口は、骨董好きの人たちの間で収集されているようだ。
 店にある古いそば猪口を見てみると、軽くてずいぶんと小さかったんだね。ちなみに一番左が、今店で使っているそば猪口。ちと重いのが気にかかっている。

 まあ、猪の年。猪に泣かれないような年になって欲しい。

|

« 初詣は早朝 | トップページ | 足には「しもやけ」もできた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初詣は早朝 | トップページ | 足には「しもやけ」もできた。 »