« 3万3千トンは何人前の蕎麦? | トップページ | ライバルはキムタク。 »

2007年1月18日 (木)

衛生管理は日頃のチェック。

 洋菓子メーカーの老舗、不二家の問題はずいぶん大きく騒がれてしまった。

 別に食中毒を出したわけでもない。
 法律違反をしたわけでもない。

 なのに、どうして、マスコミに隅々まで突っ込まれるようになってしまったのだろうか。
 「不二家は、衛生管理が出来ていない、けしからん」という評判が、あっという間に広まってしまったのだ。こうなると、その評判を取り戻すには、相当の時間と努力がいることになる。

 

 要するに、最初の対応を間違えたのだ。
 というより、その対応の仕方で、会社の管理体制の不備が、見透かされてしまったのだ。

 消費期限切れの牛乳を使っていると、内部告発があった時に、
 「これは大変だ、すぐにチェック体制を見直さなければ。」
 というように行動すればよかったのだ。

 それが、ぐずぐずと調査を引き延ばして、うやむやにしようとした。
 「そのくらいのことで、なに大騒ぎしているのさ。食中毒になったわけじゃないだろう。」
 会社がそういっているように受けとめられても、不思議じゃないんだ。
 そこに、マスコミが食い付いたんだね。

 「へえ、あそこは、古い牛乳を、平気で使っているんだ。こりゃ、他のものも何を使っているのか分からないぞ。」
 消費者は、そんな印象を持ってしまったに違いない。

 今の時代は、品質管理、安全管理に強い責任が問われる時代。
 会社の大小を問わず、きちんとした管理、対応が求められているのだ。
 何か問題があった時には、そこまでするか、、、、ぐらいの行動で示さないと消費者は納得しないんだ。

 実害があったわけでもなく、法律を犯したわけでもない。
 それでも、こういう厳しい立場に立たされることがあるのだ。

 私のような小さなそば屋だって、クレームへの対応次第でどうなるかわからない。
 よし、さっそく、明日から、「危機管理室」を立ち上げよう。
 って、誰がやるんだ、、、、。

|

« 3万3千トンは何人前の蕎麦? | トップページ | ライバルはキムタク。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3万3千トンは何人前の蕎麦? | トップページ | ライバルはキムタク。 »