« 足には「しもやけ」もできた。 | トップページ | 麺棒に蕎麦がくっつく。 »

2007年1月11日 (木)

正月の定番メニューにしよう。

 この火曜日は、恒例の「十割そばの夕べ」。
 今回は、正月明け、連休明け、ということで、お出でになれなかった方が多かったが、新たに参加された方もいて、盛況となった。
 御参加頂いた方々、ありがとうございます。

 今回の「遊び蕎麦」は、冬の変わり蕎麦の定番の「柚子(ゆず)切り」。

Yuzukiri  すりおろした柚子の皮を、白い更級に打ち込んでみた。

 柚子の皮が入っているので、途中から切れる恐れがあるので、麺はいつもより少しだけ太めにした。でも、切れることもなかったので、あまり気にしなくてもよかったのかもしれない。

 口に含んでみると、柚子の香りとともに、蕎麦の甘味が感じられる。

 あれ、この更級は、こんなに甘味があったっけ。

 今回作ってみて気が付いた。
 柚子の香りが、蕎麦の甘味を引き立てているのだ。
 なるほど、変わり蕎麦というのは、ただ、違うものを入れればいいというのではないんだね。ちゃんと蕎麦を、どっこいしょと持ち上げている。

 昔からある定番の変わり蕎麦には、こういう役割のある組み合わせもあるんだね。
 お客さまにも好評だった。

 えっ、食べ損ねたから来月も「柚子切り」をやれって。
 いやあ、来月はまた、もっとおいしいものが登場の予定。(実はまだ、なにも考えていないけれど。)
 「柚子切り」は、また来年の正月ということで、、、、。
 わっはっはっは、、、、、、。
 だあれだ、笑っているのは。


 

|

« 足には「しもやけ」もできた。 | トップページ | 麺棒に蕎麦がくっつく。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足には「しもやけ」もできた。 | トップページ | 麺棒に蕎麦がくっつく。 »