« 衛生管理は日頃のチェック。 | トップページ | 丹沢の鹿のために。 »

2007年1月19日 (金)

ライバルはキムタク。

木村拓哉主演の映画、「武士の一分(いちぶん)」を観た。

男の意地を通す物語で、なかなかすっきりとしたいい映画だった。
「たそがれ清兵衛」もそうだったが、山田洋次監督の細かい演出が光っている。特に、さり気ないところに季節感を取り入れていて、いいな、こういう映像は。

木村拓哉が時代劇に出るということで、どうなることかと思ったが、良く演じている。刀の振りや着物のさばき方(以外と難しい)も巧みで、野心溢れる侍の雰囲気を、うまくかもし出した。
彼は、ただのアイドルではなかったんだね。

だけど、木村拓哉の役者としての将来のため、あえていわせてもらえば、まだ、演じているなという感じがある。
笹野高史の役のはまり方、緒方拳の存在感に比べてしまうと、ちょっと線が細いかなという気がする。
特に、この役を、木村拓哉でなければいけなかった、と思わせるぐらいの、強い印象があったかというと、ちょっと疑問。

役者というのは、この人だからこの映画は成り立っているんだ、ぐらいの存在感があるといいなと思う。
「駅馬車」のジョン・ウェイン(古い)、「ローマの休日」のオードリー・ヘップバーン、「生きる」の志村喬、「男はつらいよ」の渥美清みたいに、その人でなければならない映画ってあるよね。
そういう役者になるのは、たいへんだろうけれど。

そば屋だって同じ。
そばを食べるのならあの店でなくては、といわれるぐらいの店にならなくては。

木村拓哉は、スターとしての花があるし、きっといい役者になると思う。楽しみにしていよう。

|

« 衛生管理は日頃のチェック。 | トップページ | 丹沢の鹿のために。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衛生管理は日頃のチェック。 | トップページ | 丹沢の鹿のために。 »