« 機械は手打ちを追い抜く。いつかは。 | トップページ | 蕎麦の盛り方で、そば屋の技量が知れる。わぉ。 »

2006年12月24日 (日)

サンタの来ないクリスマス

 明日はクリスマス。
 残念ながら、長野は暖かい日が続いて、ホワイトクリスマスにはならないようだ。
 ついでにホワイト元旦にならなければいいけれど。

 クリスマスとは、西洋の偉いお坊さんの誕生日。別に信仰がなくったって、楽しければ何でも受け入れてしまう、おおらかな私達。
 おかげで、お目当ての人とデートの口実は出来るし、おもちゃ屋さんは大賑わいだし、ケーキ屋さんはほくほく顔だ。酒屋では、甘ったるいシャンパンが売られ、飲みに行ってもメリークリスマスなどと大騒ぎ。でも、鶏にとっては、最大の厄日のようだ。
 そば屋にとってもクリスマスは、、、、、、まったく関係がないようだ。

 クリスマスには蕎麦を!!
 あれ、誰も振り向いてくれないな。
 せめて蕎麦を使ったケーキでも作ってみることにするか。

 私が行こうとしているスペインでは、カトリックの信仰が厚いので、盛大にクリスマスを祝うらしい。
 クリスマスイブは、家族で過ごすのが普通。この時に食べられるのが、アーモンドを使った甘いお菓子とか。
 ちなみにスペインには、サンタクロースは来ないようだ。さすがに、雪降る北欧からトナカイにのって出かけるには遠いようだ。
 そのかわり、一月の6日に、子供たちに贈り物が届く。この日は、東方の三人の賢者がキリストの誕生を祝いに、贈り物を持ってやってきた日。だから、この日に贈り物をするんだね。

 同じクリスマスでも、それぞれの国で、習慣が違うのだね。
 だから、クリスマスの祝い方も、人それぞれでいいのかもしれない。
 だれか、蕎麦を食べてクリスマスのお祝いをする人はいないかな。

 まだ言ってる。


 

|

« 機械は手打ちを追い抜く。いつかは。 | トップページ | 蕎麦の盛り方で、そば屋の技量が知れる。わぉ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 機械は手打ちを追い抜く。いつかは。 | トップページ | 蕎麦の盛り方で、そば屋の技量が知れる。わぉ。 »