« 最初は頼みづらいかも知れない。 | トップページ | 蕎麦粉は紙袋に入れる。 »

2006年11月 7日 (火)

新蕎麦をシンプルに味わう。

 本日は恒例の「十割蕎麦の夕べ」。
 皆さん、ご来場ありがとうございました。

Sobanoyuube  今日のメインはなんといっても「新そば」。
 他のものは何も混ぜずに、蕎麦の風味だけを味わって頂くことにした。

 香りをみるために用意したのが「うしお汁」。
 水出しの昆布出汁に、瀬戸内海の塩を溶かしただけのもの。塩だけのシンプルな味が香りを引き立ててくれる。

 味をみるために用意したのは「おろし汁」。
 荒くおろした大根の絞り汁。いや、けっして辛くはないもの。それにちょっと薄味の味噌を添えた。これで、蕎麦の甘味が引き立つのかな。

 そして、楽しむために、いつものそば汁。

 そんなことで、せっかくの新そばを、シンプルな汁で楽しんでもらおうという趣向だった。

 今回の新そばは、すごくしっかりとしていて、十割で打っても、ざらつき感がなく、細い麺線でもはっきりとした香りを保つことが出来た気がする。
 お客さまにも、こんな食べ方は初めてと好評を頂いた。
 特に「うしお汁」は、私自身でも面白いと思っている。

 まだまだ、蕎麦には様々な食べ方、作り方があると思う。
 幸いなことに、こうして実験台になって、、、、いえいえ積極的なお客さまに恵まれて、うれしいかぎり。
 来月は何を用意しようか。考える方も楽しい。

|

« 最初は頼みづらいかも知れない。 | トップページ | 蕎麦粉は紙袋に入れる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最初は頼みづらいかも知れない。 | トップページ | 蕎麦粉は紙袋に入れる。 »