« そばの花は、やっぱり秋。 | トップページ | 忙しくても、猫の手は借りたくない。 »

2006年9月18日 (月)

カボチャと蕎麦

Kishu たまには、変わったものでも作るかということで、カボチャのキッシュ。
 ちょっと、味が薄かったけれど、松代の卵を使った生地がおいしい。
 もちろん、自家用。とてもお客さまに出せるものではありません。

 たまたま、カボチャがごろごろしていたから、作ってみただけのこと。今度は蕎麦の実でも入れて、「蕎麦の実のキッシュ」なんてやってみようかな。

Shuukaku 涼しくなって来たので、畑の収穫も少なくなって来た。でも、カボチャだけは、まだ、畑にたくさんある。
 さて、このカボチャ、どうしよう。
 カボチャを蕎麦に練り込んだ、カボチャ蕎麦というのはどうなのだろうか。
 いろいろ調べてみるが、カボチャを使った蕎麦は見当たらない。やはり相性が悪いのか。
 無いというと、むくむくと湧いてくる私の好奇心。
 かって、無謀にもムラサキ芋を蕎麦に練り込んだことがあったっけ。
 果たして、試してみる価値があるかどうか。

 こんなことを考えている時間で、仕事をしろ、て言われそうだ。

|

« そばの花は、やっぱり秋。 | トップページ | 忙しくても、猫の手は借りたくない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そばの花は、やっぱり秋。 | トップページ | 忙しくても、猫の手は借りたくない。 »