« がんばれ、キジ*ムナ。 | トップページ | おたんこなす »

2006年9月 9日 (土)

新しい暖簾。

 漢字で「暖簾」と書いて「のれん」と読む。
 もともと、軒に吊るした寒さよけの布のことを指したらしい。
 だから「暖」という字が入っているんだよね。でも、どうして「のれん」と読むの?。

 商売をやっている家では、「のれん」というのは、大切な意味がある。
 曰く、「のれんを掲げる。」「のれんを守る。」「のれんを分ける。」「のれんを誇る。」「のれんを畳む。」などなど、商売人の意地が、この「のれん」にたくされているようだ。
 あれ、「のれんに腕押し」なんて言葉もあるぞ。

Noren ということで、以前に注文していたのれんが届いた。
 今度は名前を染め抜いてもらい、生地もしっかりとしたものだ。

 じつは、この春にひょっこりとやって来たお客さま。話を聞いてみると、東京から仕事で長野にいらしたという。
 下町界隈のお話に詳しかったので、ついつい聞き込んでしまった。そして、浅草で「のれん屋」をやっておられるとの話。えっ、浅草ののれん屋と言えば、あの有名なお店ではないですか。

 「のれん」はお店の顔のようなもの、「のれん」を大切にしない店は長続きしません。
 と、その方に言われ、胸にズキッと来た私。実は、それまでののれんは、開店の時に慌てて作った手作りのもの。それはそれで素朴でいいのだけれど、いつかは作り直さなければと思っていたのだ。
 そうして、生地のサンプルや色の見本などを何回も送っていただき、やっと出来上がった次第。

Norenura 「のれん」の丈は長い方が品があるという人もいるが、「かんだた」の入り口の軒が短いので、雨が当たってしまう。それに、そんなに偉そうな店でもないので、あえて短めの丈にした。

 こんな小さな「のれん」だけれども、ひっそりと、じっくりとかけ続けていきたいと思っている。

 

|

« がんばれ、キジ*ムナ。 | トップページ | おたんこなす »

コメント

あら、気づかなかったわ!!!
今度お店に行った時に確認します☆

投稿: Jun | 2006年9月15日 (金) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« がんばれ、キジ*ムナ。 | トップページ | おたんこなす »