« おめえ、へそねえじゃないか。 | トップページ | かつおの呼んでくるもの »

2006年9月 1日 (金)

北海道は雨模様。

 長野はやっと今日の昼間、久しぶりの雨が降った。

 人間なんか勝手のものだ。
 この七月のように、雨が連日の様に降れば降ったで文句を言うし、八月はずっと降らずにいたら、畑が乾いてしまったので雨が降ればいいという。
 野菜は野菜で、それなりに対応して生きているのに、茄子の育ちが悪い、菜っ葉の芽が出ないと、文句ばかり言っている。
 自分の都合ばかり考えて、まったく勝手なものだ、、、、って、私のことか。

 粉屋さんの話では、北海道では、もう蕎麦の実の収穫が始まっているそうだ。
 ところが、このところ、産地である旭川周辺は、雨ばかり降っている。収穫が遅れがちになっているのだ。
 一昨年のように台風が来ることはなかったが、ここへ来ての長雨は、ちょっと収穫に響くかもしれないと、心配しているそうだ。

 こういう天候ばかりは、思う通りにならない。
 世の中は、天気や気候に関係なく動いているようにみえるけれど、暮らしのレベルでみれば、けっこうそう言うものに左右されているんだね。
 おいしい蕎麦が採れるかどうか、それもお天気次第。でも、その前に「人事」を尽くしてくれる人たちがいるからこそ、埋め合わせができるんだ。

|

« おめえ、へそねえじゃないか。 | トップページ | かつおの呼んでくるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おめえ、へそねえじゃないか。 | トップページ | かつおの呼んでくるもの »