« 食べ歩きの好きなお客さま。 | トップページ | ダッタンそばのダッタンってなに。 »

2006年8月 8日 (火)

せいろのサイズ

 せいろのことを調べていたら、長方形のせいろには、サイズが二種類ある。
 「六八せいろ」と「七五せいろ」だ。

 どちらが大きいかといえば「七五せいろ」で(七寸×五寸)、一方の「六八せいろ」は(六寸八分×四寸八分)。
 なんだ、たった二分(6ミリ)の違いじゃないか。

 それでも、そういう違いで規格になっているらしくて、オキス(すだれ)を頼む時なんぞ、このどちらかを間違えれば用はなさなくなる。
 ややっこしい、規格だ。きっと調べれば何かのいわれがあるのかもしれない。

 どこかで、古い時代のそば用のせいろを見かけたことがあったが、かなり小さいものだった。昔はもっと小盛りだったのだろうか。それとも、たまたまそうだったのか。

 近頃は、せいろを使わないのに「せいろそば」といって、出される店がある。
 先日いった東京の店もそうだった。ちょこんとしたざるの上に、そばが盛られていた。陶器の器に盛られた「せいろそば」もあるらしい。
 単なる「もり」では俗っぽくて物足りないのか。のりを載せる「ざる」との混用をさけるためか、「せいろそば」は本来の「せいる」から離れて、一人歩きをはじめたらしい。

|

« 食べ歩きの好きなお客さま。 | トップページ | ダッタンそばのダッタンってなに。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食べ歩きの好きなお客さま。 | トップページ | ダッタンそばのダッタンってなに。 »