« 外二の割合。 | トップページ | つなぎ粉はおいしいものを使う。 »

2006年8月25日 (金)

手打ち蕎麦の定義は。

 今日のニュース。
 やっぱり冥王星は、惑星から外れてしまったのだ。
 子供の時に見たプラネタリウムの太陽系の模型。木星、土星、そして天王星、海王星と巨大な惑星の並んだその奥に、ぽつんと小さな冥王星。こんな、小さな星をよく見つけたものだと思っていた。
 惑星と認めるには、小さすぎるのだって。

 惑星と認められなくとも、宇宙から消えてなくなる訳ではない。そこにあることは確かなのだ。
 それにしても国際天文学会。外野としてはどうでもいいことだけど、やっぱり、学者としては、厳密な定義が必要なんだね。「惑星」とはなんぞや、という。

 それにしても、やたらと立っている「手打ち蕎麦」ののぼり、看板。
 機械で打っても、自家製だから「手打ち蕎麦」。うちは工場から「手打ち風」を仕入れているから「手打ち蕎麦」。大汗かいて一生懸命作っても「手打ち蕎麦」。
 誰か「手打ち蕎麦」の定義を決めてくれ。

 国際「手打ち蕎麦」学会ってないのかな?

|

« 外二の割合。 | トップページ | つなぎ粉はおいしいものを使う。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外二の割合。 | トップページ | つなぎ粉はおいしいものを使う。 »