« 長野は36.5℃。 | トップページ | 根の発達しない蕎麦。 »

2006年8月21日 (月)

噛めよ、噛め噛め。

 最近は、固いものを噛むことが少なくなっている。

 固くて塩っぱい沢庵を、ポリポリと食べることもないし、目刺を頭からかじって、骨を噛み砕くこともない。かちかちに干したスルメを焙って食べることもないし、木の実の殻を、歯でこじ開けることもない。

 食べ物が、柔らかいものが多くなっているのだ。
 コンビニで売られている食べ物のように、ふわっとマシュマロ的なものを、口にすることが多くなっているのだ。

 現代人のあごは退化しているという。
 このままでは、数十年後のの日本人の顔は、みな、逆三角形になるという。
 子供の時に見た、宇宙人を描いた挿絵みたいだ。

 あまり噛まないことは、体には負担になっているという。とくに消化器系への負担が大きいらしい。

 だから、我々は、日頃から意識して多く噛むようにした方がいいらしい。

 よく噛めば、口の中の衛生になるし、胃に優しくなる。噛むことで脳に刺激を与え、働きが活発になるという人もいる。
 先日のテレビ番組でも紹介されていたが、ご飯であれば三〇回ぐらいは噛んだ方がいいという。
 また、よく噛んで食事をする人の方が、肥満になりにくいという説もあるらしい。

 そう、食事の時によく噛むことが、健康を保つ秘けつなのです。
 そうして、意識して良く噛む習慣を身につけた方々もいらっしゃるようだ。

 でもね、、、。

 確かに噛んだ方が、いいのかもしれないけれど、、、。

 う〜ん。

 あの〜、、、、。

 そば屋では、あまり噛まなくとも、、、

 いいんじゃないかな。

 え〜、、、。

 私のそばは、そんなに固いのかな、、、。


 ええい、そばぐれえ、噛まずに食え。
 べらんめえ。

|

« 長野は36.5℃。 | トップページ | 根の発達しない蕎麦。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長野は36.5℃。 | トップページ | 根の発達しない蕎麦。 »