« 開店前の訪問者 | トップページ | そばの種の配布を開始。 »

2006年6月30日 (金)

モーツアルトとそばの怪しい関係

 今日の新聞に、日本酒を作る時に、モーツアルトの音楽を聴かせると、いい酒ができるという話が載っていた。いくつかの酒蔵で、こういう音楽が流されているらしい。
 この話、だいぶ前(十年以上)にも聞いたことがある。音楽の振動が、酒を造る菌に作用するらしい。今や、日本酒だけでなく、ワインやビールなどにも使われているという話だ。

 なるほど、音楽が食品に与える影響というものがあるらしい。本当かどうかは判らないが、話としては面白い。
 そんな流れの中で、トマトや茄子にも音楽を聞かせて育てるという試みもあると言う。使う音楽は、やっぱりモーツアルトがいいという。高音を中心として、あまり音の変化がないからだそうだ。

 そばにモーツアルトを聴かせながら育てたら、どうなるのだろう。少しはまろやかな匂いのそばができるのだろうか。
 モーツアルトを聞きながら打ったそばはどうだろうか。私の好きなジャズではだめなのか。ビル・エバンス風味のそばなどできないだろうか。
 そば汁も、熟成させるのに時間がかかる。その間に、身体が動きたくなるようなラテン系の音楽でもかけてみるか。

 怪しい話だけれど、試してみるのも楽しいかもしれない。

 でもね、、、。

|

« 開店前の訪問者 | トップページ | そばの種の配布を開始。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開店前の訪問者 | トップページ | そばの種の配布を開始。 »