« 「血の池地獄」という名のそば | トップページ | モーツアルトとそばの怪しい関係 »

2006年6月29日 (木)

開店前の訪問者

 開店前の掃除中。二階から下りてくると、カウンターのあたりでバタバタと羽音がする。なんと、丸々とした雀が一羽、店の中に入り込んでいたのだ。
 思わず差し出した、ハタキの向きが悪かった。驚いた雀は、調理場を横切り、奥の物置の方へ入ってしまったのだ。書類の積んである本棚の後ろに隠れてしまった。ハタキの柄を入れてみるが、少しは羽音がするけれど、出てくる様子はない。

 まさか、このまま放っておくこともできまい。奥の部屋を暗くし、のれんなどの障害物を取り除き、本棚の書類を少しずつ降ろしていく。やっと奥に隠れているスズメの姿が、小さな明かり中で見えてきた。その目と見たら、まん丸。本当にまん丸。地獄でゴジラに出会ったような驚いた顔。
 次の瞬間、ぱっと飛び立ち、明るい調理場から、さらに明るい玄関の外の日ざし中へ飛び出していった。
 あのスズメもびっくりしただろうな。そばの匂いに誘われて入って来たのかもしれない。
 今度は営業時間中に、お金を持って食べに来いよね、チュン太郎。と勝手に名前を付けてしまった。ひょっとしたら、又三郎だったかもしれないけれど、、、。 

 
 

|

« 「血の池地獄」という名のそば | トップページ | モーツアルトとそばの怪しい関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「血の池地獄」という名のそば | トップページ | モーツアルトとそばの怪しい関係 »